« 台風の影響による、本日営業終了のお知らせ。 | トップページ | ドイツ木工芸品展、いよいよ月曜まで! »

2018年10月 4日 (木)

ドイツ展、10/8(祝・月)まで開催中です!

皆さまこんにちは!

 
年間の企画展の中でも、毎年ドイツ木工芸品展だけは会期を2週間とって、じっくりとお楽しみいただけるようになっております!
 
今回は会場のくるみ割り人形をご紹介していきます!
 
ドイツのお人形といえば、代名詞といっても過言ではないほどに有名なくるみ割り人形。
実際にくるみを割ることはなく、飾って楽しめるようになっていますが、もちろん背中のレバーは稼動する作りになっています!
 
1870年頃に、フュヒトナー工房が現在のくるみ割り人形の原型を作ったといわれています。
 
【フュヒトナー工房】
Photo_20181004_10_53_39
顔をペイントしているところがポイント。
台座に金のプレートがついたものは、過去のデザインの復刻版です。
 
復刻デザインのものは、会場と木の香店頭にそれぞれデザイン違いで1体ずつご用意しています。ご来店の際は、是非探してみてくださいねeye
 
【ウルブリヒト工房】
Photo_20181004_10_54_10
フュヒトナーと比べたときに、お顔をペイントせずに木肌のまま使い、頬にだけ赤みを入れているところに注目すると、見分けることが出来ますeye
 
今回は写真中央のゴルファーのデザインのものや、左の落ち着いた色味のものなど、スタンダードから変り種まで、様々にご用意しています。
 
ウルブリヒトは小さめのサイズもいくつか出展しています。
Photo_20181004_10_54_45
 
Photo_20181004_10_56_30
サイズが小さくなっても、細かいところの装飾までとてもこだわって作りこまれているのが伺えます!
 
【ユングヘネル工房】
Photo_20181004_10_53_29
今回出展しているくるみ割り人形の中で、唯一エルツ山地ではなく、フランクフルト近郊に工房を構えており、珍しい女性モチーフのくるみ割り人形を製作していることでも知られています。上の写真奥は女性のコックさんのくるみ割り人形です。口もとが可愛らしいheart01
 
Photo_20181004_10_55_16
音楽隊のくるみ割り人形。それぞれ持っている楽器が異なり、集合していると今にも演奏が始まりそうな、楽しい雰囲気が出ています♪
 
そして今回はこの季節にピッタリのくるみ割り人形も!
ジャックオランタンと魔女はユングヘネルのくるみ割り。
猫の煙だし人形は、ウルブリヒト工房のものです。
Photo_20181004_10_56_04
猫の煙だしは、猫のお腹から煙を出す仕組みになっているので、雰囲気満点です☆
 
会期も折り返し、後半に入りました。10/8(祝・月)の20時まで開場しておりますので、皆さまお誘い併せの上、是非遊びにいらしてくださいねヽ(´▽`)/
 
ご来場お待ちしております!
 
(きくち)

10月 4, 2018 スタッフの声 |

コメント

コメントを書く