« 内山春雄さん作品展、明日まで! | トップページ | Atelier Nosumosu -焼き絵の森の雑貨展- »

2016年3月27日 (日)

物語マトリョーシカ ~最終回~

本日は、物語マトリョーシカ・最終回をお届けいたします(●^o^●)

01

ご紹介する物語は、「3匹のくま」です!ご存知のかたも多いのでは?(^v^) この物語、実はイギリスの民話なのですが、ロシアの文豪トルストイがこのお話をもとに新たに書き、日本ではそのトルストイの方が広がったようです。 φ(@_@)メモメモ
物語のあらすじは・・・
むかしむかし、森の奥に一軒の熊のお家がありました。そこには大きい熊、中くらいの熊、小さい熊が住んでいました。そしてあるとき、熊たちが留守の時に、一人の小さな女の子がこの家に迷い込み、自分のサイズにあった、小さい熊さんのスープを飲み、椅子を壊し、ベッドで眠ってしまうのです(笑) やがて、女の子は帰ってきた熊たちに見つかり・・・
この物語、そういえばパンダコパンダでも使われていますね(^v^)
ではでは!さっそくマトリョーシカをご紹介いたしましょう♪
 
02
※こちらのマトリョーシカは販売終了いたしました。ありがとうございました。
 
こちらはなんとも可愛らしいお顔の4個タイプ。マトリョーシカは3個や5個タイプのものが多いのですが、三匹のくまのマトはどれも4個型ですね(^v^) 最後はスカートタイプの白木に女の子が描かれています。1個目の子は耳を入れて13.5cmほど
 
03
こちらはセミョーノフ地方で作られた三匹のくまマト。最初に紹介したマトもそうでしたが、三匹のくまは、大きい子がお父さん、中くらいがお母さんと、アイテムで判別することができますね(@_@) ホフロマ柄のハチミツ壺を持っています♪ 1番大きなくまさんは11cmほど。
 
04
こちらは珍しい数え遊びタイプ(>_<) 一番上の大きい子だけをみたら、マトリョーシカだと思ってしまいそうですね。中からは三匹のくまと、女の子の家族の計6個のマスコットが出てきます♪ 大きい女の子のお腹の絵は、今まさにクマたちに見つかって飛び起きた所ですね(笑) 大きさはマトが17.5cm、マスコットは5cmほど。
 
05
こちらはややずんぐりした可愛らしいくまさんマト。お洋服や細かなアイテムは、最後の女の子までしっかり描かれています(>_<) 女の子は端正な顔立ちで、とてもくまの家でやんちゃする子には見えないですね(笑) 1個目のくまさんは耳まで入れて14cmほど。
 
06
※こちらの商品は販売終了いたしました。ありがとうございました。
 
最後にご紹介するこちらは、木の香ではお馴染みのガリーナさんの作品です♪ くっきりした顔立ちのくまさんたちに、少しやんちゃそうな女の子。 くまの毛並がしっかり描かれていて、お顔と相まってすごい存在感です(笑) 女の子の形もやや変わっていて、作家さんならではのこだわりを感じる一品です(^v^) 1個目のくまさんの大きさは耳を入れて16.5cmほど。
 
いかがでしたでしょうか? 同じ物語でも、描く人によってさまざまに変化しますね(^v^)
あ!物語の結末を言い忘れてましたね!見つかってしまった女の子は驚いて大声をあげ、それを見て驚いたくまたちの隙をついて無事に逃げ出せたのです(笑) そしてくまたちは今でも森の奥でひっそりとお行儀よく暮らしているとのことです(^v^)
まだ出てきていない物語マトリョーシカもありますが、特集はひとまず今回で終わりになります(>_<) 今後もこちらのブログでは魅力的なマトリョーシカをご紹介していきますので、ぜひお気軽にお問合せください♪ 店頭でもお待ちしております(●^o^●)
(あべ)

3月 27, 2016 製品情報 |

コメント

コメントを書く