« 【教室】ta-nya ウッドバーニングでつくる*小さな雑貨 | トップページ | 【企画展】橋本洋美 個展 “君の住む街 かもしれない街” »

2013年6月11日 (火)

ロシアの箱モノ、もしくは陽気なおばさまと反省する猫

Dsc_0105   

「木の香」には今、ロシアの箱モノが少し入荷いています。

上の写真は皆様も見覚えのある、

アルハンゲリスク模様の小物入れですが、

実はそれだけでは留まらない強烈な個性をもった箱たちが・・・。

 

まずは下記の写真をご覧あれ。

Dsc_0104_2  

この夢に出てきそうなキャラ。きのこ仙人です。

しかもこの貯金箱はお金が貯まること請け合いです。

というのも中からお金を出すときは

仙人の頭の傘の部分を叩き割らないと出すことができません。

 

そこで仙人は

「私の頭を叩き割ってまでして、お金が必要なのか」

と指差して、お金で心が揺らいでいるあなたに、

こつこつと説いているわけです。

しかも赤ん坊のようなつぶらな瞳で。

 

安易な気持ちで叩き割ることに躊躇してしまうあまり、

お金を使う機会を逃してしまい、

気がつけばお金がザクザクと貯まっているという塩梅。

Dsc_0103  

そして、こちらは極めてロシア人的な大陸体系のおばさま。

グジェリのティーポットを手に持って、

これから大好きなお茶の時間という気分なのでしょう。

陽気な鼻歌が聞こえてきそうです。

 

そして注目していただきたいのは、

写真ではスカートに尻尾だけ見える猫の姿。

この猫、おばさまにたいそうな勢いで怒られたのか、

深刻な面持ちで反省しきり。

思いつめた顔が同情を誘います。

Dsc_0106  

陽気なおばさまと反省する猫。陰と陽の対比。

永遠なる主従関係。これはなかなかの逸品ですゾ。

(店主YUZO)

6月 11, 2013 マトリョーシカ |

コメント

コメントを書く