« マトリョーシカの観覧車 | トップページ | スパイス・ケース »

2010年8月 4日 (水)

ドイツの煙出し人形

今まで散々煙出しの紹介をしてきましたが、「ドイツの煙出し人形」といってもピンとこないという方も多いのでは?

確かに私も木の香にいなければ煙出し人形の存在すら知り得なかったでしょう。

と、いうことで、今日は「煙出し人形」とはいかなるものか?そのお人形の秘密を私の乏しい知識をフル活用してご紹介していきたいと思います。

Photo  煙出し人形はまさに呼んで字の如く口から煙を出す人形です。

昔は石炭を人形の中に入れて煙を出していたそうですが、今はお香を入れて煙を出します。

 言ってみれば日本の香炉のようなものですね。

 さて、煙を出すと言っただけだとなんだか危険な香りがしますが、先程言ったように「香炉」ですので、なにも人形のなかで炎がメラメラ燃えてるわけではありません。

Photo_2

上の写真のように人形の中にはお香を受ける皿が仕込まれている意外と安全な代物です。

Photo_4   お香を仕掛けるとこんなかんじ(左図)。

人形は空洞になっているので口の穴から煙が出るという仕掛けです。

人形意外でも煙出しは存在しますが、人形は大概口から煙を出します。

それ故、煙出し人形はパイプを銜えたスモーカー人形が多いです。

左のフクロウだって煙出しになれば否が応でもスモーカーにならざるを得ません。

  

オイルやお香で香りを楽しむ方が増えている昨今、煙出しを使えば鼻と目で楽しむことができますね。

新たなリラクゼーションアイテムとして煙出し人形でお香を焚いてみるのもなかなかオツな癒され方かもしれません。

(自分で言うのもなんだけど、結構真面目に書いたよね。須田)

8月 4, 2010 スタッフの声 |

コメント

コメントを書く