« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月30日 (月)

★9月ウッドバーニング教室のお知らせ★

9月、1日教室のお知らせですclover

●花の小物ボックス教室●

2

3

【日程】  9月19日(日) 午後1時30分~午後3時30分

【受講料】 税込 2,100円(1回分・教材費含む)

【定員】  8名 

バスケット型の木製小物箱にウッドバーニングで絵付けをしていきます。図案を転写して下書きをつくり、バーニングペンでなぞっていきますので、絵の苦手な方でも手軽にお作りいただけます。もちろん、オリジナルのイラストを描いてもOKですgoodshine

持ち手&仕切りつきなので、リモコン入れや小物の収納などに活躍しそうな素材ですhappy01

*************************************

●マトリョーシカ教室●

Photo

Photo_2

【日程】 9月30日(木) 午前10時30分~午後3時30分

【受講料】 税込 2,625円(1回分・教材費含む)

【定員】 8名

白木のマトリョーシカに、バーニングペンで手を加えて、オリジナルのマトリョーシカを作っていきます。初めから白木に輪郭をとってありますので、初心者でも簡単にお作りいただけます。参考にしたい図案、写真などがありましたらご持参くださいnote

顔・持ち物・柄などを自由に描けますので、作る方それぞれの表情が違い、毎回とても楽しいお教室ですshine

お教室では、木の風合いを活かしたウッドバーニングをメインとして作業していきますので、お好みでご自宅にある絵の具や色鉛筆などで色を塗ってあげても可愛く仕上がると思いますheart04

*************************************

お申し込み・お問い合わせは、店頭又は、木の香直通電話【043-245-8411】までご連絡くださいclover

ご参加、お待ちしておりますhappy01

(木の香)

 

8月 30, 2010 教室情報 | | コメント (0)

2010年8月29日 (日)

コブロフ氏の木彫マトリョーシカも解禁

日本の作家さんのマトリョーシカに脅威を抱いたのか、ロシアの名だたる作家マトリョーが木の香に押し寄せています。

今日はロシアの”匠”と名高いセルゲイ・コブロフ氏の木彫マトリョーシカを一挙ご紹介です。

Photo

Photo_7  最初は約16cmの5個型から。

こちらは彫りマトではお馴染み「おだんごぱん」。

おじいさんとおばあさんが心を込めてつくったおだんごぱんは心なしか横長です。

Photo_2

Photo_8  こちらは森の仲間達が楽しいひと時を過ごしています。

5個目のフクロウは2次元の世界から飛び出して今はやりの超3Dです。

※No.2の商品は販売終了致しました。ありがとうございました。

Photo_3

Photo_10   こちらは「ノアの箱舟」。

主は大きな箱舟に動物を1対ずつ乗せようとしています。

ところでノアってこのおじいさん・・・?

※No.3の商品は販売終了致しました。ありがとうございました。

ここからはそれこそ滅多に入ってこない3個型です。

身長約11cmに彫られた”匠の技”をご覧アレ!

Ab

最初はウサギマトリョー。

でっかいにんじんとホップ(ビールの原料の)のようにも見えるキャベツがかわいいですね!

※№1-A、№1-Bは販売終了いたしました。ありがとうございました。

Ab_2

こちらは森の賢者フクロウ。

※№2-Aは販売終了いたしました。ありがとうございました。

Ab_4

フクロウもそれぞれ顔が違うところがコブロフ氏のニクイところです。

※№3 Aは販売終了いたしました。ありがとうございました。

Ab_3

※№4-A、№4-Bは販売終了いたしました。ありがとうございました。

ここからは森のトラブルメーカーくま!

Cd

くまは6体来ています。これだけいると森が危険地帯になり兼ねません。

※№4-Cは販売終了いたしました。ありがとうございました。

Ef

※№4-Eは販売終了いたしました。ありがとうございました。

E こちらは陽気なバラライカくま。

ウサギとハリネズミの異色トリオ(三重奏)です。

正面からの写真だと左のくまの帽子の色が見えにくいですが、後ろから見るとこんな色。

Photo_12 

※№5は販売終了いたしました。ありがとうございました。

そして最後は狼、キツネ、ネコの森の肉食カースト制度マトリョー。

狼、狐のイヌ科の中にネコ科がひとつ入っているこの状況をどう解釈すれば良いのでしょうか。

  

 小さいながらも”匠”の技光るコブロフ氏のマトリョー。

木彫をかじっている私としてはこんな見事な彫りのマトリョーシカがべらぼうに集まっている様を見ると自分にも彫刻刀ダコが出来てくるような錯覚に陥ります。

やはり私はこの人に弟子入りすべきなのでしょうか。

(弟子入りの前に駅前留学だな・・・ 須田) 

8月 29, 2010 マトリョーシカ | | コメント (0)

2010年8月28日 (土)

ニコライバ作マトリョーシカ 本日解禁

日本人作家のマトリョーシカで湧いている木の香ですが、ロシアの”あの”大物作家のマトリョーシカが今日店頭に並びます。

その作家とはあの”伝説”との呼び声高いニコライバさんのマトリョーシカが7体入りました。

前回のロシア工芸展で瞬く間に完売してしまいましたのでまだ全貌をご覧頂いていない方も多いと思います。

ということで、今回は5体一個ずつご紹介したいと思います。

A

Aの商品は販売終了いたしました。ありがとうございました。

写真をクリックすると大きくなりますのでじっくりとご覧アレ。

B

 1個ずつ見比べていくと表情も微妙に違います。

その証拠に上の子の2個目はニヒルな笑みを浮かべてます。

C

*Cの商品は販売終了いたしました。ありがとうございました。

こちらの1個目ははちょっとさびしげな表情。

悲しい歌でも唄っているのか?

D

 お人形の表情によって奏でている曲が違うのかなと思ったり思わなかったり・・・

E

*Eの商品は販売終了いたしました。ありがとうございました。

以上5点の5個型をご紹介しました。

今度は滅多にお目にかかれない7個型です。

F

今回ご紹介する7個型は2体。

G

 こちらはオール赤基調の子。

私が言うのもなんですが、かわいいです!

 今回も私がいないうちに姿を消すのではないかと思うと嬉しいような寂しいような複雑な思いがします。

気になる子がいたら即ご来店を!

お店に来られないという方はお電話でのお問い合わせも受け付けております。

でも、やっぱり直にご覧頂きたいですね~!

(娘を嫁にやる想いだよ~ ヨヨヨcrying 須田)

8月 28, 2010 マトリョーシカ | | コメント (0)

2010年8月27日 (金)

shoconeの粘土な作品たち

手作り作家のマトリョーシカ展、好評をいただきありがとうございますshine

本日も新登場の作家さんをご紹介しますribbon

Shoconeさんの粘土作品です

Shoconeさんは粘土でお人形などを作っていらっしゃる作家さんです。

今回、粘土で作ったマトリョーシカと木製素材を組み合わせて色々な雑貨を作ってくださいました!

パステルカラーがほんわかtulipかわいいです

Shocone1_4

Shocone12_3

ribbonペンスタンド&メモスタンド

きのこを持ったマトリョーシカにメモを挟むことができます

Shocone2_3   

ribbon小物入れ

こちらもきのことマトリョーシカ

レースも付いていて、とってもかわいいです。

Shocone3_4

ribbonバスケット

かわいいマトリョーシカが3つも付いたバスケットです

よーく見ると・・・eye

Shocone32_3 Shocone33_3

はりねずみやきのこを発見!

乙女心をくすぐりますlovely

きのことマトリョーシカの組み合わせは間違いなくかわいいですね!

森ガールにもおすすめなShoconeさんの作品ですshine

(たかなし)

8月 27, 2010 マトリョーシカ | | コメント (0)

2010年8月25日 (水)

ポテリョーシカ

昨日に引き続きましてpotecoさんの作品をご紹介します。

potecoさんのマトリョーシカ、即ち「ポテリョーシカ」です。

01_17cm

 お人形のお腹にはそれぞれのおはなしが描かれています。

5個目の子はよく見るとポテリョーとは違う種族のようです。

02

ポテリョーシカはりんごが大好きのようでりんごをたくさん背負っています。

1個目の子はりんごが好きすぎてなのか、りんごの木ごと背負っています。その木陰に隠れるのは・・・あの種族・・・!

なんとも愉快なマトリョ・・・いや、ポテリョーシカです。

そんな楽しいポテリョーシカを皆さん見に来てくださいね!

(そしてあの種族は・・・ 須田)

8月 25, 2010 マトリョーシカ | | コメント (0)

2010年8月24日 (火)

potecoの刺繍ブローチ

本日も手作り作家のマトリョーシカ展の作品をご紹介しますribbon

今回新登場 poteco さんの刺繍ブローチです。

Photo_3

potecoさんのマトリョーシカは、その名も“ポテリョーシカ”shine

名前もとってもかわいいですよね。

フェルトに刺繍でマトリョーシカが描かれています。

Photo_2

この密度のある刺繍がポイントshine

ひとつひとつ色や顔の表情、模様が違っています!

2

2つマトリョーシカが付いたカブトピンタイプもあります。

2_2

こちらは、マトリョーシカのお腹にビーズがたくさんついていますcute

フルーツみたいでかわいいですよねapple

カラフルなポテリョーシカ

洋服やバッグにつけると

元気をもらえそうですsun

(たかなし)

8月 24, 2010 マトリョーシカ | | コメント (0)

2010年8月23日 (月)

アトリエ・ノスモスのマトリョーシカ

21日より始まった「手作り作家のマトリョーシカ展」。

昨日までの2日間で沢山のお客様にご来店頂き誠にありがとうございます。

とはいっても和製マトリョーちゃんたちがごっそりいなくなったわけではありません。

普段は雑貨などを作っている作家さんのマトリョーシカなどは木の香ファンには必見ですよ。

というわけで、今日はいつも可愛らしいアクセサリーを作っている「アトリエ・ノスモス」さんのマトリョーシカをご紹介します。

01_7cm

01_7cm_ura  

5体出してくださいました1体目は約7cmの3個型。

ノスモスさんらしいメルヘンな世界のマトリョーシカです。

 

(N-01のマトリョーシカは販売終了いたしました。ありがとうございました。)

  

02_11cm_2 

02  

こちらは約11cmの5個型。

比較的小さめにもかかわらず後ろも細かく絵付けされています。

03_16cm_2 

03_16cm_ura  ここからは大サイズマトリョー。

この子は約16cmです。

かわいい顔して存在感はばっちし!

    

04_165

04_165_ura  こちらはちょっと大きめ約16.5cm。

5mmしか変わんないじゃん!って思いますが、この子はちょっとがっちりめ。

先ほどの子に似ていますが、服やプラトーク(被り物)の柄が微妙に違うのは作家さんのこだわりですね。

05_15cm

05_15cm_ura

 赤のプラトークの彼女は約15cm。

つぶらな瞳がなんとも悩ましい子です。

彼女と目が合うたびに誘われているような気がします。

  

いかがでしょうか。いつも春めいた愛らしい作風のノスモスさんですが、マトリョーシカはちょっと落ち着いた雰囲気ですね。

ロシアとはまた違ったかわいさがあり、始終ロシアンマトリョーシカに囲まれている私にとっては新鮮さも感じました。

次はどの作家さんのマトリョーが出てくるのでしょうか。

といっても出すのは私なんですが、どのマトリョーから出していこうか悩ましい「手作り作家のマトリョーシカ展」です。

(悩むぅ~! 須田)

8月 23, 2010 マトリョーシカ | | コメント (0)

2010年8月21日 (土)

手作り作家のマトリョーシカ展 本日開催

恐ろしく厳しい残暑にただただ耐える今年の夏。

そんな暑さ絶好調の中、日本人作家による「手作り作家のマトリョーシカ展」が開催しました。

Photo

ロシア人が作れるのなら、手先の器用さに定評のある我々日本人が作れてもおかしくはあるまい!というような素敵なマトリョーシカが勢ぞろい!

Photo_2  

その他にも日本人ならではのセンスで描かれたマトリョーシカグッズが皆様のお越しを心待ちにしています。

  

ここでしかお目にかかれないマトリョーシカをどうぞご堪能くださいませ。

(マトリョがアツい! 須田)

8月 21, 2010 イベント情報 | | コメント (0)

2010年8月20日 (金)

手作り作家のマトリョーシカ展

明日から始まるイベントのお知らせです!

ribbon手作り作家のマトリョーシカ展ribbon

2010年8月21日(土)~9月20日(月)

木の香では、ロシア製のマトリョーシカを多く取り扱っていますが・・・

今回は日本人の手作り作家によるマトリョーシカをご紹介します!

Dscf5733_4

いろんなマトリョーシカがたくさんshine   

手作り作家によるマトリョーシカ人形、マトリョーシカ雑貨を展示販売いたしますshine

ウッドバーニングで絵付けをした作品はもちろん、刺繍作品や粘土作品などいろいろなマトリョーシカが並びます。

ロシア製とは一味違ったマトリョーシカをお楽しみに!

作家さんによって作風が違って、見ているだけでも楽しくなってしまいますhappy02

1点ものの作品ばかりですので、ぜひお早めにご来店ください!

お待ちしていますhappy01

(たかなし)

8月 20, 2010 イベント情報 | | コメント (0)

2010年8月15日 (日)

8月の1日教室 強化募集!

夏休みも、もう終盤に差し掛かった今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

そんな今年の夏休み最後思い出を、ウッドバーニングの1日教室で締めくくってみてはいかがでしょうか。

Photo

その夏休みの思い出を締めくくってもらうのはウッドバーニング6回講習でお馴染みの八木史規子先生によるウサギのデスクステーションの教室です。

Photo_2  高さ約10cm×幅約16cm×奥行き約9cmのペン立て付きのテープカッター、即ちデスクステーションの木製素材にウッドバーニングで絵付けをしていきます。

 図案を転写して下書きをつくり、バーニングペンでなぞっていくだけというとてもシンプルな内容ですので、初心者の方でもお手軽にお作りいただけます。

また、簡単なバーニングペンのテクニックも習えますので、ウッドバーニングの制作の幅を広げたいという方にもおすすめです。

***********************

「ウッドバーニングでつくるデスクステーション」

○ 日程 : 8月24日(火) 午後1時半~午後3時半

○ 受講料 : 2,625円

○ 教材費 : 受講料に含む

○ 定員 : 8名

お持ちいただくもの:道具等はこちらでご用意します。

************************

Photo_3  

もう一つは思い出を締めくくれるのか些か不安なワタクシ須田によるウッドバーニングとウッドシートでつくるトレイの教室です。

Photo_4  こちらは、ウッドバーニングといろいろな形のウッドシートをすきな模様に組合わせてオリジナルのトレイをつくっていきます。

外寸 23cm×23cm、底面13cm×13cmのトレイですので使い勝手もいいですよ。

***********************

「ウッドバーニングとウッドシートでつくるトレイ」

○ 日程 : 8月29日(日) 午前10時半~午後12時半

○ 受講料 : 1,575円

○ 教材費 : 受講料に含む

○ 定員 : 8名

お持ちいただくもの:道具等はこちらでご用意します。

************************

夏休みの思い出にという方でも、宿題の駆け込み寺!という方でもウッドバーニングはどんな方でも楽しく制作できますよ!

(みんなあつまれ~! 須田)

8月 15, 2010 教室情報 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月14日 (土)

ぽれぽれウィンドウチャイム

Photo_3  北半球が猛暑だろうと、南半球が大寒波だろうと、依然として木の香での勢力を伸ばしつづけるぽれぽれ一族にまた新たな仲間が増えました。

今回は窓際に掛けておけば風が心地よい音を鳴らしてくれる「癒し系窓際族」ことウィンドウ・チャイムです。

写真ではロープを伝って壁を上り下りしている熊かなにかか、見方によっては鳥のようにも見えますが、その正体は「ラッコ」。

  

Photo_4   

両手でしっかり命綱を持っていいます。

さすがにこの状態では呑気に貝なんて割ってられないですからね。

しかし、貝を持っていた方が「ラッコ」ッぽい気がするのですが・・・

   

ぽれぽれ界では人前での飲食は厳禁!!

それと、窓際まで勢力を伸ばしている我々ぽれぽれ一族に向かって「窓際族」とはなんだ!!

・・・・は、はい・・・す、すみません・・・sweat02

(怒られちゃった・・・てへっ!bleahsweat01 須田)

8月 14, 2010 製品情報 | | コメント (0)

2010年8月13日 (金)

最強目力(めぢから)マトリョーシカ

今まで沢山のマトリョーシカをご紹介してきましたが、今回ご紹介するものは木の香史上最大の瞳を誇るものです。

Photo

その大きさたるや、無駄な目のでかさで定評のある私ですら全くといていいほど歯が立ちません(目だけど)。

人間界で唯一対抗できるとすればA○Uこと浜○あ○みくらいでしょう。

Photo_2

ちなみに後ろに描かれているのはきれいな花柄。白と青のコントラストが陶器のようです。

さすがにヒョウ柄ではないようです。これでヒョウ柄だったら完全に○YUですからね。

 こうなると○崎○ゆみさんご本人とガチンコ目力対決をしてみたいものです。

相手はアジアの歌姫なだけにいい勝負が期待できそうですが、なぜだかこのマトリョーが負ける気がしません。

(目力頂上決戦eye 須田)

8月 13, 2010 マトリョーシカ | | コメント (0)

2010年8月12日 (木)

かわいいロシアのスプーン

今日はロシアでは日常で使っているらしいスプーンをご紹介します。

Photo_5  

7月3日の記事でご紹介したホフロマのスプーンのように木製ですが、今回のものはかわいいかわいいお人形さんの顔が描かれています。

さすがに口に入れるところにかわいいお顔が描かれていちゃあ口に運ぶのも躊躇してしまいそうになりますが、

Photo_6   

  

掬う部分はきれいな花柄になっていますのでご安心を。

ちゃんと食事に支障をきたさないように気をつけたデザインになっています。

   

Photo_7  

少ししゃもじにも似たこちらは、大さじ(15cc入るかわかりませんが)。

先ほどのものより西洋風なお顔立ちです。

Photo_8  

 

 

ちなみにこの大きさだとよほど目が大きくなければ検眼ができますよ。

  

 以上、ロシアのかわいいスプーンをご紹介しました。

恐らく観賞用にされる方が多いと思いますが、「食べちゃいたいくらいかわいい~heart04」なんて思われた方は食事に使ってみてはいかがでしょうか。

(食いしん坊バンザ~イ!!paperpaperupup 須田)

8月 12, 2010 製品情報 | | コメント (0)

2010年8月11日 (水)

心涼やか木のおもちゃ

とんでもなく暑い日々が続く今年の夏ですが、「木」というものは暑い時にはどこか涼しく感じられるものです。

今日は夏は涼しげ、冬は温もる木のおもちゃをご紹介します。

Photo_9

人間の労働力として材木を運ばされているゾウ・・・ではありません。

Photo_10 このゾウさんが運んでいるのはドミノのピース。

ドミノ大好きゾウさんです。

ゾウさんと貨車は磁石で連結されていますので、牽引ゾウさんはいつでも仕事がさぼれます(仕事をしているつもりもないかもしれませんが)。

ドミノに飽きたらゾウさんだけで遊ぶのもいいですね。

Photo_11

こちらは釣りあそび。リール付きの釣竿を使う本格釣りゲームです。

Photo_13  磁石の仕込まれたサカナたちを磁石ルアー(?)で釣っていきます。

木の竿で木のサカナを釣るなんて太公望も松○弘樹も体験していないことでしょう。

  

 手触りの良い木製おもちゃはプレゼントにもぴったりです。

あっついあっつい夏ですが、木のおもちゃで心を涼めてはいかがでしょうか。

(心頭滅却すれば木もまた涼し 須田)

8月 11, 2010 製品情報 | | コメント (0)

2010年8月10日 (火)

カバリョアさん ライバル出現です!

Photo_15 拝啓 カバリョア様

以前貴方がお描きになられたあのおだんごぱんのベル(1月7日記事参照)は、私にとってとても印象深い逸品でした。

しかし、あの作品に匹敵するかもしれないものが木の香に現れてしまったのです。

Photo_14

そう、おだんごぱんのベルが貴方以外の手によってもたらされたのです。

ペイントのクオリティーは到底及びませんが、その存在感はどうしても貴方のそれに近い物を感じずにはいられません。

おだんごぱんをベルにすると皆このような異様な雰囲気を持ったものになるのでしょうか・・・?

その表情は微妙ながらも愛嬌さえ感じてしまいます。

写真ではこの異様さが充分にお伝えできないのが心苦しいところです。

 嗚呼、カバリョアさん・・・

このベルに貴方との因縁を感じるのは私の思い過ごしでしょうか・・・

(乱筆乱文(写真の)乱用お許しください 須田)

8月 10, 2010 マトリョーシカ | | コメント (0)

2010年8月 9日 (月)

カバリョアさんの工房のマトリョーシカ

4

日本人のようなお顔と、落ち着いた色合いで人気の、カバリョアさんの工房のマトリョーシカが入荷いたしましたshineshineshine

***

ご紹介いたしますnote

中を出した状態がこちらですhappy01

Photo_16

Photo_17

Photo_18

Photo_19

***

どの子も表情がよい味をだしていますよねshine

写真ですとわかりずらいのですが…sweat01

前回入荷したものと、若干雰囲気が違っていますflair

お顔やニスの感じが違いますので、店頭で、ぜひじっくりご覧くださいheart04

お待ちしておりますsign01happy02

(廣川)

8月 9, 2010 マトリョーシカ | | コメント (0)

2010年8月 8日 (日)

カメとてんとう虫がパワーアップしてかえってきた!

去年のあの夏、木の香に大旋風(というか大混乱)を巻き起こしたマトリョーシカが再び登場しました。

2

みなさん覚えておいででしょうか。あのカメとてんとう虫です。

初めてご覧になった方にご説明しますと、このカメとてんとう虫は四つ足でありながら、しっかり入れ子になっているという大変シュールなものです。

Photo

  しかも、中の人形たちもちゃっかり足が付いているというもの凄く凝ったつくりです。

思わす「親カメの中に子カメ、子カメの中に孫カメ」を連想させられるところがなんともニクいマトリョーです。

Photo_6 しかも前にご紹介したものと比べると(2009年8月23日記事)花があしらわれパワーアップ。

カメながらもより華やかに美しく(?)ありたいという上昇志向を持ち続けているのでしょう。

Photo_4

 当然てんとう虫も足つき。

てんとう虫でありながら「親、子、孫」を連想しなければいけないような気がしてしまうところがこのマトリョーの罪なところです。

Photo_7 以前ご紹介したものとえらく顔が違って今回の物はファンシー顔というかなんというか・・・

かなり擬人化されてパワーアップ!

てんとう虫はより人間に近づこうとたゆまぬ努力をしてきたのでしょう。

昆虫でありながら脚が4本しかないのもきっとそのせいだと思われます。

約1年の熟成期間を経て木の香に舞い戻ってきたカメとてんとう虫。

この2人がまた木の香に旋風(混乱)を巻き起こすかどうかは私でさえ知り得る事はできません。

(とりあえず見てください 須田)

8月 8, 2010 マトリョーシカ | | コメント (0)

2010年8月 6日 (金)

スパイス・ケース

今日は「スパイス・ケース」なるものをご紹介します。

Photo

「スパイス・ケース」つまるところは砂糖やらとんがらしやらを入れておく入れ物です。

レストランなどのテーブルの隅に置かれているアレですね。

Photo_3 ブナの木でつくられたいたってシンプルなつくりです。

食卓にも馴染みますね。

スプーンも付いていますのでとても便利ですよ。

  

しかし、「スパイス・ケース」と言ってしまうと調味料関係しか入れてはいけないような錯覚に陥ってしまいますよね。

勿論スパイス以外のものを入れても何の支障もありません。

  例えば・・・

      龍角散とかっ!!!

(いや、器とさじがセットなところが似てるかなって・・・須田)

8月 6, 2010 製品情報 | | コメント (0)

2010年8月 4日 (水)

ドイツの煙出し人形

今まで散々煙出しの紹介をしてきましたが、「ドイツの煙出し人形」といってもピンとこないという方も多いのでは?

確かに私も木の香にいなければ煙出し人形の存在すら知り得なかったでしょう。

と、いうことで、今日は「煙出し人形」とはいかなるものか?そのお人形の秘密を私の乏しい知識をフル活用してご紹介していきたいと思います。

Photo  煙出し人形はまさに呼んで字の如く口から煙を出す人形です。

昔は石炭を人形の中に入れて煙を出していたそうですが、今はお香を入れて煙を出します。

 言ってみれば日本の香炉のようなものですね。

 さて、煙を出すと言っただけだとなんだか危険な香りがしますが、先程言ったように「香炉」ですので、なにも人形のなかで炎がメラメラ燃えてるわけではありません。

Photo_2

上の写真のように人形の中にはお香を受ける皿が仕込まれている意外と安全な代物です。

Photo_4   お香を仕掛けるとこんなかんじ(左図)。

人形は空洞になっているので口の穴から煙が出るという仕掛けです。

人形意外でも煙出しは存在しますが、人形は大概口から煙を出します。

それ故、煙出し人形はパイプを銜えたスモーカー人形が多いです。

左のフクロウだって煙出しになれば否が応でもスモーカーにならざるを得ません。

  

オイルやお香で香りを楽しむ方が増えている昨今、煙出しを使えば鼻と目で楽しむことができますね。

新たなリラクゼーションアイテムとして煙出し人形でお香を焚いてみるのもなかなかオツな癒され方かもしれません。

(自分で言うのもなんだけど、結構真面目に書いたよね。須田)

8月 4, 2010 スタッフの声 | | コメント (0)

2010年8月 3日 (火)

マトリョーシカの観覧車

ロシアの人というのはなんでもマトリョーシカを付けたくなるのでしょうか。

Photo_3   遡ること2007年の7月にご紹介したマトリョーシカの観覧車が3年の歳月を経て登場しました。

以前ご紹介したものは黄色でしたが(2007年7月10日記事参照)今回はまっかっか!

ロシアらしくまっかっかです!

しかも手動で回していくという大変エコロジーな観覧車です。

 

Photo   

回してあげたら乗っているマトリョーたちもさぞかし喜ぶことでしょう。

  

Photo_2  

 でも、あんまり回しすげると・・・

←なんてこともあるかもしれませんが・・・

    

Photo_3  いやいや、回るから楽しいのです。

マトリョーたちだって喜びますからね。

音楽にのせて回すのもいいです。

♪まわれ、ま~われ、メリーゴーラン・・・

って違うよ、これ観覧車だよ!

(久保田須田信)

8月 3, 2010 マトリョーシカ | | コメント (0)

2010年8月 2日 (月)

紙粘土マトリョーシカ再びぜよ!

今年の2月2日にご紹介しました紙粘土で装飾を施したあの革新的なマトリョーシカを貴方は覚えておいででしょうか。

あの革新的マトリョーシカに新たな仲間が入りました。

Photo

革新的なマトリョーシカは中身まで革新的です。

1個目、2個目はチャラチャラ遊んでいそうな雰囲気ですが、3個目以降はバリバリ仕事をしていそうな子たちが入っているという脈絡があるのかないのかわからないくらいの革新具合です。

Photo_4  しかも1個目はなぜかとんがり帽子を被っているという。。。

この彼が銀行マン風のスーツ紳士との繋がりを考えるとなると妄想族の私ですらなかなかどうして至難の業です。

 そんな妄想族の私が考えに考え抜いた結果、この5人の関係を次のように推測してみました。

5人は中学時代の同級生で、20年ぶりに再会。

Photo_5  3個目の男は現在、銀行の頭取にまでのし上がり、4個目、5個目の2人は宇宙開発エンジニアとして活躍。

銀行マンが持っているロケットの絵は恐らく宇宙開発プロジェクトについての書類で、資金面で2人のエンジニアに協力いたのだろう。

しかし、ロケットを開発するのはいいが、パイロットがいないということで仕事もしないでフラフラしている1個目、2個目の2人に依頼。

そして、5人のプロジェクトチームが結成された!!・・・とか。

 中身の脈絡がない分、想像力をかきたたせるという・・・そういう意味でも革新的なマトリョーシカではないでしょうか。

みなさんも、お店でこのマトリョーのメンバー構成の所以を推測してみてはいかがでしょうか。

 何度も言いますが、私は仕事もせず妄想ばかりして遊んでいるわけではありません。

(妄想ながっ! 須田)

8月 2, 2010 マトリョーシカ | | コメント (0)

2010年8月 1日 (日)

空仰ぐクマペン立て

はちみつ壷(多分)を抱えお空を仰ぐクマ1匹。

鼻に蜂がとまっているからなのか、はたまた何か思い耽(ふけ)っているのか・・・

Photo_5 

         違うよ!!僕は・・・

Photo_8   

       ペンスタンドだからだよ!!

はちみつ壷にささっているペンが倒れないようにぼくが見張っているんだ!

なるほど。だから私のペン(私物)がささっているわけね。

ぼくが一生懸命支えているからほら、ペンが取りやすいでしょ?

ふむふむ、たしかに!メモと一緒に置いといたらすっごい便利だね。さすが!!

でも本当は・・・

??

ぼくの大事なはちみつ壷にペンを突っ込まないでよ!!

  はちみつ食べられないじゃん!!

   ・・・・ええ~~~っ!!!??

 ※申し訳ございません。こちらの商品はメーカー生産中止になりました。

(いや、彼は自分の仕事に誇りを持っているに違いない! 須田)

8月 1, 2010 製品情報 | | コメント (0)