« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月29日 (土)

私をハトと呼ばないでください!

今日はハトのかたちのテープカッターをご紹介します。

Photo_5

ちょっとまって!なんで私をハトと決めつけるんですか!?

私を”ハト”という枠組みに縛りつけないでください!

私は”トリ”です。トリは大空を舞う生き物。

何者にも縛られない自由な存在なんです!

でも、テープにつながれてるよ。

Photo_6うっ!!sweat02

しかも横から見るとイト○ヨー○ドーのロゴマークみたい。ほら、あのハトのマークの。

ううっ!!sweat01sweat01

と、とにかく私をハトと決め付けないでください!私は何者にも縛られないで自由に生きていきたいんです!!dashdash

・・・と、いうことで、彼がハトかどうかは皆さんの目で判断してください。とのことですsweat02

(鳩山須田夫)

5月 29, 2010 製品情報 | | コメント (0)

2010年5月27日 (木)

しろとくろ

あの時、私はいつものようにブログで使う商品の写真を撮っていた。

そしていつものようにPCに画像を入れ、いざ書かん!

Photo_3  ”しろクマ””くろクマ”のクリップかふむふむなるほど・・・

♪しろくまさんからお手紙ついた。くろくまさんったら読まずに食べた~

なんて下らない替え歌を口ずさみながら、更にイメージを膨らませようと改めて実物を手に取ってみる。

よくよく見てみると・・・

4

  白くまと黒ネコじゃないかぁぁ!!!

私は”白クマ”だから当然”クマ”だと思っていた。

”黒クマさん”なんてちょっとかわってるなとは思ったが・・・。思い込みとは恐ろしいものである。

 人は世間の常識という観念にどっぷり浸かっていると、時にものの本質を見失うことがある。

だからこそ、それにとらわれずに本質を見抜く目を養っていくことが浮世を生きる我々現代人に必要なのかもしれない。

・・・でも、それ以前に

なんで”白クマ”と”黒ネコ”の組み合わせなんだ??

因みにこれは実話です。

(天然ボケ! 須田)

5月 27, 2010 製品情報 | | コメント (0)

2010年5月24日 (月)

父の日にウッドバーニング

6月20日は父の日。

毎年地酒じゃ面白くないし(どこの家庭だ!)ましてや母の日でちょっとお金を使ったから父の日はコストダウンしたいと(腹の中で)思っている方もいらっしゃるのでは?

そういう時は手作りに限ります。

「手作り」は何も我々作り手だけの特権ではありません。

2

ウッドバーニングの体験工房でパパへのプレゼントを手作りしてみてはいかがでしょうか。

P1030457_2  今回は父の日限定素材としてコースターをご用意しました。

左の写真のようにお父さんに普段いえない「感謝」のメッセージを添えて・・・

P1030461

封筒に入れてメッセージカードとしてプレゼントしてもいいですね。

オトナの貴方は父子で2枚つくってサン○リーオ○ルドと一緒に贈ってみてはいかがでしょうか。

手作りコースターを敷いてオー○ドを酌み交わしたら、普段会話のない父子でもあのCMのように心が通じ合えるとおもいますよ。

  ♪♪ダンダンディダン シュビダデ~♪♪

(酒のことしか頭にない須田)

5月 24, 2010 体験工房 | | コメント (0)

2010年5月23日 (日)

きのかのきのこ ~第3章~

じめじめしてるわけでもないのに始終きのこに囲まれている木の香。

最後にご紹介するのはドイツの品種です。

Photo_8

この写真だけでは解りにくいと思いますがその大きさ30cm以上!

幅も35cm以上というメガサイズ!

これにはオリバー・カーンもゲーテもシーボルトも度肝抜かされることでしょう。

      きのこ採りのおじさんだって・・・

Photo_9

       きっと今夜夢に出てくるでしょう。

しかしなんでこんな恐ろしく大きなきのこをつくろうと思ったのでしょうか。

きっとオリバー・カーンもゲーテもシーボルトも首を傾げるでしょうね。

 6月に入ると更にきのかにきのこが生えてくるようなので要注意です。

(デカすぎ!! 須田)

5月 23, 2010 製品情報 | | コメント (0)

2010年5月22日 (土)

きのかのきのこ ~第2章~

前回よりじめじめしてるわけでもないのに絶えず生えているきのこたちをご紹介しています。

今日はじめじめする前に凍ってしまうんじゃないかとおもうロシアのきのこです。

Photo_4

Photo_5 ロシアのきのこは調味料入れです。

このように中に調味料を入れてサッサカサッサカふりかけるといった塩梅です。

一緒に胞子もふりかけてしまうんではないかとおもわれますが、そこは木製なのでご安心を。

Photo_7

でもうっかり近づいたりするとくしゃみの一発はしてしまうかもしれません。

といってもそれは調味料を入れたときの話ですので気にしないでくださいねsign01

(へぇ~っくしょいっ!!うぃ~ 須田)

5月 22, 2010 製品情報 | | コメント (0)

2010年5月21日 (金)

きのかのきのこ ~第1章~

じめじめしてるわけでもないのに始終きのこに囲まれている木の香。

まだまだご紹介していない物が沢山あります。

Photo

店のあちこちでさり気なく生えているこのきのこたちも売り物だと意外に知られていないんです。

これもじつはドイツの品種。木の枝を木工旋盤で削ってつくられています。

その素朴な味わいが他の木工品を引き立てます。

Photo_3

こんな風にきのこ採りの煙だしを置いてみるとお話の一場面のようです。

常に場所を変えて生えていますのでみなさんも探してみてはいかがでしょうか。

(きのこのこのこすだもひとのこ)

5月 21, 2010 製品情報 | | コメント (0)

2010年5月19日 (水)

1日教室のおしらせ ~水無月編~

神の国”出雲”に水がなくなるから水無月。

という6月の1日教室のご案内です。

今月は人気の2つの教室を企画しました。

Photo

まずは、定例教室講師、八木史規子先生による「ネームプレート」教室です。

あらかじめご用意した図案をなぞって下書きをつくり、その上をバーニングペンでなぞっていくだけですので初心者の方でも簡単につくれます。

お名前の字体も数種類ご用意していますのでお教室の前にスタッフにご相談ください。

***********************

「ウッドバーニングでつくるネームプレート」

○ 日程 : 6月7日(月) 午後1時半~午後3時半

○ 受講料 : 税込 3,150円

○ 教材費 : 受講料に含む

○ 定員 : 8名

お持ちいただくもの: 道具等はこちらでご用意します。

***********************

もうひとつは・・・たいへんお待たせいたしました。

こちらも毎回沢山のリクエストを頂くマトリョーシカ教室です。

Photo_2

Photo_3

 素材は顔まで描かれているタイプと輪郭のみのタイプと2種類ご用意しています。

今回は1時半から6時半までの拡大版!

最初から来てじっくり制作もいいですし、途中からのご参加もOKです。

マトリョーらしく(?)マイペースにつくりましょう!

***********************

「ウッドバーニングでつくるマトリョーシカ」

○ 日程 : 6月20日(日) 午後1時半~午後6時半

○ 受講料 : 税込 2,625円

○ 教材費 : 受講料に含む

○ 定員 : 8名

お持ちいただくもの: 参考にしたい図案、写真などがありましたらご持参ください。

※マトリョーシカ教室は満席になりましたので募集を終了いたしました。沢山のご参加、誠にありがとうございました。

***********************

神の国”出雲”に水がなくなるから水無月。

つまり人間界は雨期真っ盛り!

雨が降ってうじうじするくらいならウッドバーニングで燃え上がりましょう。

(熱血硬派すだくん)

5月 19, 2010 教室情報 | | コメント (0)

2010年5月18日 (火)

くるみ割りについての戯言(たわごと)

突然ですが、くるみ割り人形の口を開けたところを見たことがありますか?

Photo_2Photo   

毅然とした表情で立ち尽くしている彼らですが、その重く閉ざされた口を開いてみると意外な素顔が見えてきます。 

  

   

Photo_5Photo_8   例えばこの釣り紳士は、口を開けるとジェントルマンの面影が微塵もなくなります 。

もしかしたら、彼の長い人生でも経験したことがないほど衝撃的な何かを発見してしまったとか・・・

そのお間抜けさんな表情を見てしまうと紳士も人の子なんだな~とかんじます。

Photo_9Photo_6 流石というべきなのが王様。口を開けてもどことなく風格が漂います。

やはり一国一城の主。大勢の国民や家臣を束ねる人物はどんな表情でも威厳があるのでしょう。

しかしどことなく親近感を感じてしまうのはこの王様のカリスマ性なのでしょうか。

  

堅いイメージのあるくるみ割りですが、フタを開けてみると結構ファンキーな人形なんです。

ちょっと苦手に思っていた人が話してみると意外と馬が合うなんてこともありますよね。

苦手意識を持つ前に相手のことを知ろうとしいていったら、今の人生の1.25倍くらいは楽しめる(損をしない)んじゃないでしょうか。

(戯け者!! 須田)

5月 18, 2010 スタッフの声, 製品情報 | | コメント (0)

2010年5月17日 (月)

どうぶつスタンプなに思ふ

気忙しく働く日本人を不思議そうな、あるいはどうでもいいような面持ちで眺めている4匹の動物がいます。

Photo_4

彼ら4匹はスタンプ。そのスタンプの内容はというと・・・

Photo_6  

  「Smile!」

まあ、とりあえず笑っとけ!

 

Photo_7  

  「Thank you」

何にしたってありがてぇワケよ!

Photo_8   

  「健康」

健康第一。ぶっ倒れちまったらおしめぇよ!

 

Photo_9   「Dood day」

今日がよければそれでよし!

 

パンダにいたっては、たれ○んだを凌ぐほどのグダグダ加減。

底の見えない経済状況、政治への不信感、そんなことなどどこ吹く風というような4匹を見ていると、不安や悩みなどどうでもよくなってきます。

明日は明日の風が吹く!明日もまたお天道様が拝めりゃそれでいいじゃねぇか!

・・・どうでもいいけど、なんで彼らはべらんめぇ口調なんですかね・・・?

(べらんめぇ須田)

5月 17, 2010 製品情報 | | コメント (0)

2010年5月15日 (土)

マトリョーシカでジューン・ブライド

もうすぐ6月。6月といえば「ジューン・ブライド」

そんな特別な日にこのマトリョーシカはうってつけでしょう。

1

木の香オリジナルデザインの「ウェディングマトリョーシカ」。

ふたりの聖歌隊と小鳩が新郎新婦マトリョーの新たな門出を祝福してくれます。

Photo  

 

マトリョの内側には新郎新婦のお名前を、

  

   

Photo_2  

 

人形の底にはご結婚の日付もお入れいたします。(※納期はオーダー承りより大体1週間いただきます。ご了承ください。) 

 

Photo_4   

 出来上がりましたら化粧箱に入れてお渡しいたします。

ところでマトリョーファンの方は底面のシールを見てピンときたのではないでしょうか。

そう、このマトリョーは「地球の歩き方」にも掲載されている有名なマトリョー作家、サエルゲイ・コブロフ氏の工房で作られたものです。

 お人形がつぎつぎと出てくるマトリョーシカってなんだかつぎつぎ幸せが来そうですよね。

マトリョーファンの方でもそうでない方でもこれ以上のプレゼントはないのではないでしょうか。

お友達に、ご自身に、ぜひとも幸せ詰まったウェディングマトリョーシカを!

(幸せになりたい須田)

5月 15, 2010 マトリョーシカ | | コメント (0)

2010年5月13日 (木)

巻かれていたアイツ

さり気なくもその存在を確乎たるものにしているネコ雑貨。

その中で今日は糸巻きをご紹介します。

Photo_2 

 胴にぐるぐる巻きにされたネコ。

なんだか毛糸玉で遊んでいるうちに毛糸がからっまったみたいでかわいいです。

イヤホンやコードを巻いておくのに便利という方もちらほらと。。。

Photo_2   

しかし、これを見ていると昔見たある物を思い出します。

皆さんご存知でしょうか、ほらあのタコ糸をぐるぐるに巻かれていたあのブタ・・・(右図参照→)

完全に私個人の内輪ネタですが・・・sweat02

 

(マニアックネタ 須田)

5月 13, 2010 製品情報 | | コメント (0)

2010年5月12日 (水)

ピンナップボードってちょっとカッコイイ名前!

テープカッターや、クリップなど木の香においてさり気なくもその存在を確固たるものにしているネコ雑貨。

今日はその中でピンナップボードなるものをご紹介します。

Photo_3

つまり、メモなんかを刺しておくためのボードなんですね~。

鋲もネコでちょっとかわいいです。

ちなみに頭についているヒモはゴムになっていてネコらしく柔軟性に富んでします(そうなのか?)

しかし、フツーにコルクボードっていやいいのにわざわざピンナップボードなんて名前を付けるなんてちょっとかっこいいですね。

横文字に弱い私にとって、これがあるとなんだか生活もスタイリッシュになるような気がします。

(なんかカッコイイ~! 須田)

5月 12, 2010 製品情報 | | コメント (0)

2010年5月 7日 (金)

ウッドバーニングの小箱

今日は「ウッドバーニングの店」らしくウッドバーニングの小箱をご紹介します。

Photo_5 

Photo_6   

高さ5cm×幅9cm×奥行き7cmの小さな箱には細かなバーニングアートが繰り広げられています。

内側には布が貼られていて高級感が漂います。

  (こちらの商品は販売終了いたしました。ありがとうございました。)

Photo_7

Photo_8   

こちらは高さ5cm×幅6cm×奥行き6cm。

さらに小さなこの箱にも細やかなバーニング。

私もウッドバーニストの端くれではありすが、これをやれといわれたらちゃぶ台をひっくり返したくなります。

そんな高級感漂う小箱は、どんなセコいモノを入れても高級に感じてしまうのでしょう。

こちらの商品は販売終了いたしました。ありがとうございました。)

ロシア着のこの小箱をどうぞご覧あそばせ!

(ヘボ×バーニスト須田)

5月 7, 2010 製品情報 | | コメント (0)

2010年5月 6日 (木)

魅惑のブルガリア人形

多国籍木工店(ロシアとドイツくらいだが)「木の香」に今度はブルガリアからかわいいお人形がやってきました。

4

身長11cmの素朴で小さなお人形。でもただのお人形じゃあないんです。

Photo_4

 じつは中にローズオイルが仕込まれているんですよ。

ビンのフタを開けておくと人形ローズの香りを放つというなんとも魅惑的なお人形です。

民族衣装を着て素朴な雰囲気を出してはいますが、その場にいる者を惑わす魔性の・・・いや、その場の空間を和ませてくれる癒し系お人形なんですよ!

みなさんもお人形とローズの香りで癒されてくださいね。

・・・しかし、ブルガリアだからってヨーグルトが入っているわけじゃないんですね~・・・

(琴・欧・州!! 須田)

5月 6, 2010 製品情報 | | コメント (0)

2010年5月 5日 (水)

日本の心染み渡る木の玩具でゴンス

常にファンシーな気を漂わせている木の香に「待った!paper」をかけたようないぶし銀な木の玩具が入りました。

P1030110

昔懐かしのけん玉や独楽(こま)、だるま落としがお店の一角を占めています。

Photo_2 

特に独楽はいろんな種類がはいりました。

Photo_4  

中でも面白いのがお相撲さんになっている「力士独楽」。

くるくると回る力士に、今の角界の混乱を重ねてしまうのが日本人として悲しいところです。

  

  

Photo_6 

お相撲さんつながりでこんな玩具もあります。

こちらは「太鼓すもう」。

Photo_7  

土俵の両側にささっている棒が撥(ばち)なっていて、内側から叩いていき力士人形を動かしていくという玩具です。

小さな軍配も付いていますので行司もできますよ。

貴乃花親方の理事当選で揺れた相撲協会、朝青龍の引退そして俳優デビュー!?と波乱の角界に安らぎと相撲の原点を教えてくれそうな玩具ですね。

角界もそうですが、欧米文化の進出でわが国の文化が薄れつつ昨今、こういった玩具を通して日本人の「心」というものを再確認してみるのもいいと思いますよ。

そして、海を越えやってきた外国の方に素晴らしき「エキゾチック☆ジャパ~ン!!」の精神を伝えていってみてはいかがでしょうか。

(ジャペァ~ン!! 郷☆すだみ)

5月 5, 2010 製品情報 | | コメント (0)

2010年5月 4日 (火)

タチアーナ作マトリョーシカ

ほぼ1年ぶりになりましょうか。この方のマトリョーの紹介は。

今日はマトリョー作家タチアーナさんのマトリョーシカをご紹介します。

それぞれにテーマを持った子たちが6体来ていますのでどうぞご覧ください。

1

この子のテーマは「ティータイム」のようです。

3個目の子が持っている沢山のお菓子を見ていると2個目の子の結った髪もドーナツに見えてしまうのは私がいまお腹減ってるからでしょうかね。。。

※№1の商品は販売終了致しました。ありがとうございました。

2

この子は「釣り」。父子の親子鷹が家族の晩ご飯の為に沢山の魚を釣ってきたようです。

それを狙う3匹の猫たち。猫だけにネコババしようとしてるのか!?

3

こちらは「牧場」でしょうか。いろんな動物が描かれています。

1個目のヒツジにまたがる少年は髪型までヒツジっぽい!

※№3の商品は販売終了致しました。ありがとうございました。

4

この子は「農村」もしくは「八百屋」かな?

八百屋だとしたら1個目と5個目の子は商品を食べてることになりますな。しかも生で!sweat02

5

No.5は販売終了いたしました。ありがとうございました★

この子は「おもちゃ」がテーマのようです。

今までの子たちが生活感あふれていただけにこの子はとってもファンシー!に見えます。

6

最後は「家族」もしくは「子宝」。

こんなに子供が多かったらお父さんも子育てに参加せざるを得ません。その上猫まで飼ってるのだからあの種子島アイドルにも負けずとも劣らない大家族ですね。

 

以上ご紹介してまいりました。

どれも、夢いっぱいというよりは生活に密着した光景が多かったように思えます。

タチアーナさんのマトリョーはこの殺伐とした世の中においてほっと一息つけるような安堵感を与えてくれるようなマトリョーではないでしょうか。

(生活感丸出し! 須田)

5月 4, 2010 マトリョーシカ | | コメント (0)

2010年5月 3日 (月)

ユダヤ人のマトリョーシカ・・・らしい

 今日ご紹介しますはユダヤ人を描いたマトリョーシカです。

Photo_7

Photo_8 といっても頭の中が鎖国状態の私にはいまいちピンと来ないのが正直なところ。

 よくよく観察してみると、1個目と3個目のおじさんは巻き髪、しかも一本にしばっている。

楽器を持っているところから察するに音楽家のようですが、黒い帽子まで被ってまさかあの”キング・オブ・ポップ”を目指しているのでしょうか。

Photo_9

Photo_10 こちらはお医者。

このおじさんも姫ギャルばりの巻き髪!

そしてやっぱり髪をうしろで束ねています。

まさか!?いや、ばかな!お医者まで!?

”キング・オブ・ポップ”の影響は聖地エルサレムまで広がっているのでしょうか!?

え、他は全然違うって?

なにをおっしゃる。皆持っているんですよ”マイコー”の遺伝子を。

(ビリー・スダ・ジーン)

5月 3, 2010 マトリョーシカ | | コメント (0)

2010年5月 2日 (日)

不思議の国のマトリョーシカ

摩訶不思議な出来事というのは突然やってくるものです。

何の前ぶれもなくひとつのマトリョーがやってきました。

Photo

  テーマは「不思議の国のアリス」。

その描写は眼を見張る物があります。

Photo_2

 身長は約21cmと大きめ。

5つの人形の360度アリスのワンダーランドが繰り広げられています。

その描写の緻密さと美しさは見ているとまさに「不思議の国」に引き込まれてしまいそうなくらい。

何の前ぶれもなくフラっと木の香にやってきた不思議なマトリョー。

今度はこれが一体誰のところに行くのでしょうか。

※こちらの商品は販売終了致しました。ありがとうございました。

(不思議の国の須田)

5月 2, 2010 マトリョーシカ | | コメント (2)

2010年5月 1日 (土)

煙出しのファンキーなヤツら

2日にわたってご紹介しました煙出し人形。

どれも、懸命に働くおじさんたちの哀愁漂う・・・いや、ハツラツとしたお人形たちですが、

今日の煙出しは働いてんだか遊んでるんだか、とにかく楽しそうなお人形達です。

Photo_2 

ちょっと煙出しに見えませんけどこれもちゃんとした煙出しの人形なんです。

ファンキーな彼はガーデニングに精を出しています。

「庭師」とも取れなくはないですが、その表情は明らかに「趣味の園芸」ですね。

  

Photo_3  

こちらはミュージシャン。

「おれもいつかはメジャーデビューしたい!」明るい色調の割りに唄っている表情は些か悲壮感が漂います。

「いつまでも夢ばっかり追っかけてないで真面目に働きなさい!」という田舎のご両親の心配をよそに今日も唄い続けます。

  

パイプをふかしたいぶし銀な人形とは違い色形、表情までもファンキーそのもの。

彼らを見ていると真面目に仕事するなんてナンセンスなんじゃないかとさえ思えてきます。

ドイツというと勤勉なイメージが強いですが、彼らみたいに唄って踊ってファンキーなラテンアメリカ人みたいに生きてみるのも悪くないという思いがあるのかもしれないですね。

ドイツですけど。

(歌も踊りも苦手な須田)

5月 1, 2010 製品情報 | | コメント (0)