« 10月31日マトリョーシカ教室のご報告その2 | トップページ | マトリョーだけじゃない!クリスマス・ロシア工芸展 part3 »

2009年11月 9日 (月)

掘り出し物があるかも?

10月20日より始まったクリスマス・ロシア木工芸展ですが、

連日たくさんのお客様がお越しいただき、誠にありがとうございます。

なかなか木の香に来店できないお客様、

ブログを楽しみにしているお客様、

忙しさに追われて、なかなか展示品の紹介ができなくて、本当に申し訳ありません。

Photo

今回の展示会では、より多くのお客様にマトリョーシカの面白さを知ってもらおうと、

3,150円均一コーナーを設けました。

マトリョーシカが好きな子にプレゼントするもよし、

これからマトリョーシカのコレクョンを始めるきっかけとしてもよし

このコーナー、実は意外な掘り出し物があるんです

2

まずは左側が、地球儀のマトリョーシカで有名なルドミナさんの動物マト。

写真は4種しか載せませんでしたが、ぜんぶで60個入荷しています。

猫、犬、ペンギン、動物園、天使、サンタ、ふくろう・・・・と、

あのヘタウマな絵を思い切り楽しめます(笑)

右側は、「MOE」でも紹介されていたカヴァリョアさんのマト。

一般向けに、こういうマトリョーシカもつくっているんです。

でも、そこは著名な作家さん。

最後まで手を抜いていませんし、つや消しのニスが綺麗な逸品に仕上がっています。

2

こちらは、木の香ではお馴染みのアラ工房と、それ以外の工房のマトです。

左にいる木目を生かしたマトは、最後まで綺麗につくられていて、

サインこそありませんが、結構腕の良い方が、つくられているようです

Photo_2

Photo_3

最後に紹介するのは、キーロフ地方のマト。

セルギエフ・パッサードのマトとちがって工場でつくられているものが、

ほとんどですが、クォリティはかなり高いです。

マトの底も揺らがないように、きっちりとカットされているのも特長です。

しかし一枚目の帽子の美男子に、女の子が入っているのは、

モテモテな感じで微笑ましいですが、最後のふたつが猫とネズミです。

「窮鼠猫を噛む」的なロシアのことわざがモチーフなのでしょうか

モテモテ男よ!図に乗るなかれのような・・・。

このコーナーは、つねに新しいものが入っていきますので、

お楽しみながらお探しください

(店主・YUZO)

11月 9, 2009 マトリョーシカ |

コメント

コメントを書く