« マトリョーだけじゃない!クリスマス・ロシア工芸展 | トップページ | ※てるてるちゃん第2弾※ »

2009年10月30日 (金)

マトリョーだけじゃない!クリスマス・ロシア工芸展 part2

開催初日に「マトリョーだらけー!」と散々のたまったくせに、昨日になって急に「マトリョーだけじゃなーい!」と目茶苦茶いってきた私に気でも狂ったか!?とご心配されたの方もいらっしゃることでしょう。(いや、してなかったらいいんですが・・・)

私が正気かどうかは別としまして、今回のロシア展はマトリョーだけじゃないのは紛れもない事実です。

今日は、かわいくて、おもしろくってどこかシュールな動物のおもちゃをご紹介していきます。

Photo_3

まずはこちら。木馬のおもちゃです。

高さ約10㎝の手乗り木馬です。

長いたてがみが「ロンゲ」が流行っていたころのキ○タクに似てると思うのは、先日テレビでロン○バケー○ョンの再放送を見たからでしょう。

Photo_4  

こちらは、やはり手乗りサイズのくま。

これは!あの有名な「バイク乗りくま」か!?

  

Photo_5

  

  

  

と、おもいきや、実は四輪・・・

バイカー志望の私としてはちょっと残念ですが、四輪のほうが安全ですからね。バイク引き起こすの大変だし。

Photo_7  

こちらも同じく四輪シリーズのリスさん。

緑のボディーカラーと草花のイラストでエコカーを気取っています。

   Photo_8

  

   

でもこれってなんの車?

車体に排気口がないということは水素自動車を上回るほどのエコカーなのでしょう。  

En  Ws

  そして、最後にご紹介しますはこちら。

こんなかわいい顔をした亀ですが、なんと地球を背負っています。

なんでもアメリカ先住民の神話では亀の上に世界があったと考えられていたとか。。。

これをつくった人はネイティブアメリカンでしょうか?

車にはN・E・W・Sと方角まで示されています。

いかがでしたでしょうか。

かわいくて、どこかシュールで神秘的、そしてエコ。

ロシアってそんな国なのかと思索にふけるロシア工芸展もまた一興です。

 https://kinoka.woodburning.jp/contact/

(正気だったらこんな文章は書かないかもね。 須田)

10月 30, 2009 |

コメント

コメントを書く