« オリガ・イリーナ姉妹のマトリョーシカ | トップページ | マトリョーシカペンダント »

2008年4月27日 (日)

コブロフさんのマトリョーシカ

Dscn0461 先日、コブロフさんのマトリョーシカを展示しますと告知したのですが、すぐに売れてしまいました。

楽しみにしてご来店されたお客様、たいへん申し訳ありませんでした。

展示前に写真を撮りましたので、どんなマトリョーシカが入荷したのか、こちらでご覧ください。

Dscn0465

たぶんコブロフさんは、日本で一番知られているマトリョーシカ作家かと思います。

「地球の歩き方」でも紹介されていますし、海外で出版されているマトリョーシカの本には、必ずと言っていいほど作品が掲載されています。

コブロフさんの作品の特長は、何と言っても陰影をつけた表現力にあります。アンティークドールのような質感と繊細さ、温かみや柔らかさを感じて、本当に木に描いているのと疑ってしまうほどです。仕上げも特別なニスを使っているようで、光沢が少なく、しっとりとした味わいになっています。

そして人柄は陽気さそのもの。お茶を淹れながら、アメリカでマトリョーシカの講義をしたときの写真を、冗談を交えながら見せてくれました。

しかし心は職人気質で、こちらがマトリョーシカを選ぶとき「これは、ニスが少し剥がれているから売れない。これは自分としては出来が悪いから、あまり勧めない」と厳しい目で自分の作品を選んでくれました。

Photo_2

また今回入荷できませんでしたが、もうひとつ人気があるのは、スノーマンをモチーフにした彫ったマトリョーシカ。

次回、仕入れに行った際は、女の子のマトちゃんと一緒に、スノーマンも連れて帰ろうかと思います。楽しみにしていてくださいね。

コブロフさんのマトリョーシカは完売いたしました。次回の入荷をおまちください。

(加藤)

4月 27, 2008 マトリョーシカ |

コメント

コメントを書く