« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月31日 (水)

マトリョーシカ教室に参加していただきありがとうございました

P1210074_2

1月21日、28日に開催した「マトリョーシカ教室」は定員以上の申し込みがあり、盛況に終わることができました。参加されたお客様、ありがとうございました。

最初はバーニングペンで絵を描くことに戸惑いがあったようですが、使い方に慣れてくると花の模様や顔に睫毛を描いたり、新たにきのこやクローバーを書き加えたりして、自分だけのマトリョーシカつくりを楽しんでおられました。

マトリョーシカは全部で5体入り。最後のマトリョーシカは3㎝程度の小さなものだったものの、その背中に可愛らしい花を細かく描いて作品もあり、本場ロシアも顔負けという感じでした。

P1210075 作品を見せ合いながらつくっていると時間があっという間に過ぎていきます。

七時半まで延長したのですが、色塗りまでできなかったお客様もおられたので、それだけが心残りです。

ご自宅で完成されたら、是非「木の香」に見せに来てくださいね。楽しみにしています。P1210076

また今回、受講できなかったお客様だけの、「マトリョーシカ教室」を企画しております。教室用のキットが入荷次第、ご連絡いたしますので、もう少しお待ちください。一緒にマトリョーシカ制作ができる日を、スタッフ一同楽しみにしております。

                                           (スタッフ一同)

1月 31, 2007 マトリョーシカ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月26日 (金)

NHK教育「趣味悠々」でバードカービング始まります!

毎週木曜日にNHK教育で放映されている「趣味悠々」という番組で、

バードカービング制作が始まります。

オープン時「木の香」でも鳥の工房つばさ・鈴木勉さんの制作したブルーバードを

展示していました。(現在はスリックタイプのものを展示しています)

その制作方法を簡単に説明しますと、

チュペロやジェルトンといった木を彫り、形が仕上がった後に、

今度はバーニングペンを使って羽の一本、一本を精密に書き込んでいきます。

そして最後にアクリル絵具で彩色して完成となります。

一体仕上げるのに1ヶ月から3ヶ月もかかるそうで、

それだけに作品は本物の鳥と見間違えるほどのリアルさがあります。

仕上がった作品は、剥製の代わりに博物館や自然保護センターなどに

展示され、乱獲、密漁を防ぎ鳥類の保護という側面もあり、

それもバードカービングの普及の要因にもなっています。

年々、バードカービングを愛好する人も増えていて、

千葉県の我孫子市では年に一度コンテストが開催されるまでになっています。

ただバードカービングの制作で必要な木材や道具は、専門性が高く

なかなか手に入り難いようで、「木の香」にもよく問合せがきます。

今回、これからバードカービングを始める方に、

少しでもお役に立ちたいと思い、現在、関東のバードカービング教室を調べたり、

道具や木材の仕入れに当たっています。

何から揃えてよいのかわからない方も、お気軽に「木の香」に相談に来てください。

よろしくお願いします。

(スタッフ・加藤)

1月 26, 2007 イベント情報 | | コメント (0) | トラックバック (0)

ウッドバーニング工房 

Taiken_2

お子さまから大人の方まで幅広く人気のある店頭体験工房に新しい体験メニューが登場しました!

●木の小物入れ(写真:左)

使いやすいサイズの小物入れです。ふたの部分をメインにウッドバーニングで絵や文字を描くことができます。

図案やスタンプをご用意しておりますので、絵の苦手な方でも簡単にお作りいただけます。

名前やメッセージを入れて、ギフトケースにしても素敵ですよ!

●くまのマグネット(写真:右)

かわいいくまさんの形の木製マグネットです。

ウッドバーニングであなただけのくまさんに仕上げてください。

**********************************

最近、店頭体験工房にはかわいい常連さんが来てくださるようになりました。

いつもオープン当初からある体験メニューの「丸型キーホルダー」をポシェットいっぱいに詰めて遊びにきてくださいます。

先日、早速「木の小物入れ」を作ってくださいました。箱の底やふたの裏側まで、ウッドバーニングを楽しんでいただきました。本当に”作る”ことが大好きなお客様です。

スタッフ皆、このお客様の笑顔に会うのが楽しみのひとつになっています。

体験工房を通してもっとたくさんのお客様に出会えるよう、様々なメニューを提案していきたいと思います。

お時間のある際は、是非木の香体験工房へ足をお運びください。

(スタッフ高梨)

1月 26, 2007 イベント情報 |

2007年1月25日 (木)

マトリョーシカの調味料入れ

Mato_6

お皿の上に並んだ3人のマトリョーシカ。

これ何だと思いますか?

よーく見ると、頭に小さな穴が開いています。

・・・じつはこれ、調味料入れになっているんです!

それぞれのマトリョーシカに書いてある文字は

●Соль・・・塩

●Перец・・・こしょう

●Специя・・・スパイス

という意味だそうです。

日本では「塩・こしょう」ときたら「砂糖」と言いたくなりますが、

ロシアでは料理に砂糖ってあまり使わないのでしょうか?

ともあれ、この調味料入れは実用的というよりも、インテリアの飾りとしての使用をおすすめします。

ダイニングテーブルにちょこんと乗っていたり、キッチンの棚に飾ってあったら、食卓がにぎわうと思いませんか?

こちらもひとつひとつ手作りですので、それぞれ表情が違っています。どうぞ店頭でお手に取ってご覧下さい。

※こちらの商品は完売いたしました。ありがとうございました。

(スタッフ高梨)

1月 25, 2007 マトリョーシカ, 製品情報 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月24日 (水)

マトリョーシカのピンブローチ

Mato_5

大人気のマトリョーシカ商品のご紹介です!

かわいくて、ちいさなマトリョーシカが5つ並んだピンブローチです。

少しずつ表情の違ったマトリョーシカたちがゆらゆら動きます。

ニットや、マフラーなどにつけるととてもかわいいですよ!

写真のような赤いマトリョーシカの他にも、青、ピンク、緑など多数ございますので

お気に入りを見つけてください!

人気の色は青で、店頭に並べてからすぐに完売してしまいましたが、再入荷しております。再入荷分も数に限りがございますので、お早めにご来店ください。

(スタッフ高梨)

1月 24, 2007 マトリョーシカ, 製品情報 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月10日 (水)

1月マトリョーシカ教室の受付について

去年、このブログでご案内し、さらに、1月9日のそごうのチラシに掲載されました、マトリョーシカ教室ですが、満席となりましたので、受付を終了させていただきます。

たくさんのお問い合わせありがとうございました!

今回、満席のため受講できなかった、という方…ごめんなさい!

時期は未定ですが、またマトリョーシカ教室を行いたいと思っておりますので、そのときはぜひ、またお問い合わせくださいませ!

お教室情報は、このブログや店頭でご案内していきますので、ちょこちょこのぞいていただけたらうれしいです。

もちろんお電話でのお問い合わせでも大丈夫ですよ!

今後もみなさまに楽しんでいただけるようなお教室を考えていきますので、どうぞよろしくお願いいたします!

1月 10, 2007 マトリョーシカ, 教室情報 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

マトリョーシカ再入荷

なかなか新しいマトリョーシカが入荷できなかったのですが、ようやく再入荷しました。

今まで、新しいマトリョーシカを楽しみに何度も来店されたお客様、たいへんご迷惑をおかけしました。

今回は、マトリョーシカのチャームやキーホルダーが新しく加わっています。

チャームは5体のマトリョーシカが大きい順に並んでいて、

帽子やマフラーに付けると、とても可愛いですよ。

色は赤・ピンク・青があります。

手作りのため、作り手によって表情が違っていて、

それを見比べてみるのも楽しいです。

(すました顔があったり、ぼんやりした顔があったり、泣きそうな顔があったり・・・)

すぐに無くならないように入荷を多めにしましたので、

一度見に来てくださいね。

お待ちしております。

スタッフ加藤

1月 9, 2007 マトリョーシカ, 製品情報 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 3日 (水)

あけましておめでとうございます

新年、あけましておめでとうございます。

おかげさまで「木の香」も無事に新年を迎えることができました。

旧年中は「木の香」をご愛顧いただき、ありがとうございます。

これからも、お客様が楽しめるような体験会や講習会、

また国内外の珍しい木工作品を展示して参ります。

木のもっている癒しや安らぎを

少しでもお客様にお届けできることを目標に

スッタフ一同、張り切ってまいりますので、

引き続きご愛顧ほど、よろしくおねがいします。

「木の香」スッタフ一同

1月 3, 2007 スタッフの声 | | コメント (0) | トラックバック (0)