« ダックスフンドのストラップ | トップページ | 木象嵌工房「貞」ミニ展示会 »

2006年10月 9日 (月)

ミニ木象嵌個展

報告が遅れましたが、

10月5日~19日まで

木象嵌工房「貞」高橋貞雄さんのミニ個展を行っています。

象嵌の絵画、小箱、フォトフレーム、額縁などを展示しています。

絵の具を使わず、木の色だけで表現する象嵌は、

違った木を隙間なく合わせていくので、

糸鋸を扱う技術の高さも必要ですし、

様々な木の特長を知らないと上手く絵にはなりません。

ひとつの絵だけでも数種類の違った木が組まれています。

また象嵌というと、少し古めかしいデザインや絵を

思い浮かべる人が多いと思いますが、

高橋さんの作品はウサギやネコといった動物を題材にして、

ファンタジー溢れる作品を特徴としています。

流れ星をあつめるウサギ、お茶をのんびりと味わうネコ、

教会に向かう二匹のてんとう虫・・・。

その作品は優しさに満ちていて、

見ているだけで心を穏やかにさせてくれます。

今回、芸術の秋に際し、ウッドバーニングにゆかりのある作家さんの

案内状を用意していますので、

ご希望の方は気兼ねなくスタッフにお声をおかけください。

(スタッフ加藤)

 

10月 9, 2006 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミニ木象嵌個展:

コメント

コメントを書く