« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月29日 (日)

檜(ひのき)の宝石

Photo_23

お店のスタッフがつけているこのペンダント、何で出来ているかわかりますか?

・・・実は、檜(ひのき)の木で出来ているのです!

特殊な塗料を染み込ませ、木目を生かして仕上げた檜の宝石です。

岐阜の工房で、1つ1つ丁寧に作られています。

岐阜以外で販売しているのは木の香だけ!

ネックレス、スカーフ留め、ハットピン、カフス、ネクタイピンなど

色々なアイテムが揃っております。

カラーもナチュラル、グリーン、ブラウン、パープルなど多数ありますので、

お気に入りの色を探してくださいね。

ちょっとめずらしいアクセサリー。おしゃれのワンポイントにいかがですか?

ぜひ、店頭で実際につけてみてくださいね!

(スタッフ高梨)

Photo_24

10月 29, 2006 製品情報 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

八木史規子ミニ作品展

Photo_14Photo_15Photo_16   

「芸術の秋企画」の第二弾として

10月20日より、そごう教室で講師をしていただいている

八木史規子先生の作品展を主催しています。

八木先生のウッドバーニングは木だけではなく、

革や生活雑貨などあらゆる素材に描かれるのが特長です。

またドイツ人形の制作や水墨画をたしなんでいた経験もあり、

その画風もリアルに動物の表情をとらえた作品もあれば、

デザイン化された作品もあり多岐にわたっています。

ウッドバーニングをご存知でない方にも楽しめるように、

様々な作品を展示しておりますので、

ぜひ、そごう千葉にお出かけの際は足をお運びください。

八木先生は水曜日と土曜日に「木の香」に在廊しております。

10月 23, 2006 イベント情報 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

木象嵌工房「貞」ミニ展示会

10月5日より開催していました

木象嵌工房「貞」の展示会を本日をもって終了しました。

たくさんの方に見学していただき

誠にありがとうございました。

木象嵌の珍しさと貞さんの作品の可愛らしさもあって、

みなさん興味深く、一点づつ見ていただいたのが印象的でした。

また時期を見計らって展示したいと思っていますので、

楽しみにしていてくださいね。

今回展示した作品は、まだ店に置いてあります。

見そびれた方、もう一度見てみたい方がおられましたら、

気軽にスタッフにお声をかけてください。(作品の何点かは常設しています)

ご来場された方、本当にありがとうございました。

10月 19, 2006 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

ミニ木象嵌個展

報告が遅れましたが、

10月5日~19日まで

木象嵌工房「貞」高橋貞雄さんのミニ個展を行っています。

象嵌の絵画、小箱、フォトフレーム、額縁などを展示しています。

絵の具を使わず、木の色だけで表現する象嵌は、

違った木を隙間なく合わせていくので、

糸鋸を扱う技術の高さも必要ですし、

様々な木の特長を知らないと上手く絵にはなりません。

ひとつの絵だけでも数種類の違った木が組まれています。

また象嵌というと、少し古めかしいデザインや絵を

思い浮かべる人が多いと思いますが、

高橋さんの作品はウサギやネコといった動物を題材にして、

ファンタジー溢れる作品を特徴としています。

流れ星をあつめるウサギ、お茶をのんびりと味わうネコ、

教会に向かう二匹のてんとう虫・・・。

その作品は優しさに満ちていて、

見ているだけで心を穏やかにさせてくれます。

今回、芸術の秋に際し、ウッドバーニングにゆかりのある作家さんの

案内状を用意していますので、

ご希望の方は気兼ねなくスタッフにお声をおかけください。

(スタッフ加藤)

 

10月 9, 2006 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

ダックスフンドのストラップ

Photo_12

今日は、私がひとめぼれしたダックスフンドのストラップをご紹介したいと思います。

こちらは、象嵌の技術を使って作られているものです。

お察しの方もいるかと思いますが、先日ご紹介した、木象嵌(ぞうがん)の小箱を製作された「木象嵌工房 貞」さんが作られているものです。

ダックスフンドのかたちがすごくきれいなんですよ!

わたしはこのかたちにときめいてしまいました!

表情は、目だけで表現されていますが、とてもかわいい印象です。

ひとつひとつ手作りなので、表情は少しづつ違い、お気に入りを探すのも楽しいかと思います。

ウレタン樹脂というものを表面に塗っているため、名入れはできませんが、その分よごれにくくなっています。

ビーズの色は、茶とブルーの2種類となっていまして、大人の方でも持っていただけるようなストラップだと思います。

どうぞ店頭でご覧くださいませ。

(スタッフ廣川)

10月 2, 2006 スタッフの声 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

木の時計

Photo_10 “木とり舎”と書いて、“ことりしゃ”

と、読みます。

“木とり舎”さんの「木の時計」は

木の香に入るとすぐ看板の裏に

展示してあります。

素朴でシンプルな掛け時計です。

時計のようなオブジェのような…。

正確に時を刻みつつ、ゆったりとした

空間を生み出してくれそうです。

ちなみに目覚まし機能はついていません。(笑)

太陽の光が良く似合う時計だと思います。是非お店にてご覧くださいませ。

(スタッフ石井)

10月 1, 2006 スタッフの声 | | コメント (0) | トラックバック (0)